塾講師とはどんな立場か

皆さんは塾講師と聞くと、どんな職業を想像されますか。学校とは違う場所で生徒に勉強を教える、いわば教育者・第二の先生、と思われるかたも多いでしょう。今回はそんな塾講師として思っておきたい心構えについて説明します。塾講師は教師とは違い、塾という場所で勉強を教える立場です。そのため、生徒が普段学校の中で学んでいることを、全て認知しているわけではありません。同じ教育者としても、教師とは違った学習方法・学習内容というのを心の中で線引きしておくことが大切です。

その中で重要なのは、限られた時間のなかで、より分かりやすく学ばせることです。十人十色いる生徒の中で、どの子も同じように教えるというのは難しいでしょう。しかし、自分が自信を持って「この科目なら分かりやすく紐解くことができる」といえるのであれば、自ずとも生徒たちの気持ちも一つにまとまります。塾の数や種類は、近年急速に増えつつあるのが現状です。その中で個々の差別化というのも大切になってきます。本人が自信を持って教えられる科目を、塾講師になるまでに見出しておくことが、最初の心構えとして重要だといえるのではないでしょうか。

教師とは違い、塾講師は自由な学習方法だと思われるかたも多いでしょう。しかし、その中でもしっかりとした芯を持っていなければ、生徒に響かせる言葉につながりません。このサイトでは、一人前の塾講師として働くための心構えについて詳しく話してまいります。

〜塾講師関連サイト〜
塾講師としての心構えを学ぶために、塾講師の求人サイトを紹介します。 >>> 塾講師 心構え